若狭会 > 優々の森保育園

優々保育園について

優々の森保育園方針

<感じるこころ>
体験を通じて育む優しいこころ、子どもは泣いたり笑ったり友達や大人との関わりの中で育ちます

<創造するこころ>
「どうして?」「なぜ?」自分で感じ、創り出す豊かなあそびは思いがけない発見と喜びに出会います

<健やかなこころ>
よく食べて、元気に体を動かして、心も体も伸びのび育ちます


優々の森保育園特色

同一法人園である老人ホーム亀令園、平安の森、けやきディサービスのお年寄りと楽しく異世代間交流を図ります
「食育」「茶道」「そろばん」「パソコン」などを通じて、豊かな感性を育てます
季節感を体験する行事(夕涼み会、芋掘り、焼き芋会)等に積極的に取り組んでいます

優々の森保育園施設の概要

建物は明るく健康的で風通しの良いエコロジー建築です
地域に開かれた子育ての場として、みんなが集えるコミュニティー建築です
園舎は雑木林に囲まれた静かな住宅地の中、春はさわやかな新緑に山桜がほころび、
夏はセミやくわがた等の虫取り、秋には落ち葉集めやどんぐり拾い等、四季折々の自然を楽しみます

給食で使用する食材について

給食で使用する食材については常日頃より安心、安全なものを使用し提供しております。 また、本園の給食で扱っている生鮮食品は放射能の測定の基準値に合格し、「不検出」の素材であり、放射能が検出された地域を除いた生産地のものを業者より納品してもらい、使用しております。 さらに、十分な水洗いを行い、できる限り茹でこぼして調理しております。 
上記を踏まえながら以下のように行っています。

・野菜類については当日、業者が青果市場に出向き、その時出荷してある新鮮なものを納品してもらっています。
・お米については富山産の「コシヒカリ」を使用、牛乳は北海道牛乳を使用しています。
・その日の食材の主なものについて、玄関に設置の献立サンプルに生産地を明記しています。                                  

※放射能対策については、今後も行政との密な連絡を行い指示を仰ぎながら、本園でもできる限りの防衛策を考慮していきます。

当施設はAEDを設置しております。 保育園パンフレットのダウンロード(PDFファイルへのリンクです)